客観的な視点から自己分析を行う必要性

仕事に対するやりがいを見出すために大切なのは適材適所であることに他ならない。仕事内容に魅力を持つことができ、しっかりと取り組めば成果が上がっていくという構図ができあがるためには、適性がなければならないのは明らかだろう。それを求めて職種を選んで転職する人は多いものの、本当に適材適所で働くことができて満足できている人はあまり多くはない。むしろ適性を見誤ってしまって失敗してしまい、また転職をしたり辞職をしたりする人も少なくないのが事実である。

そこで、自分に合った職種を見出すために欠かせないのが自己分析であるが、その方法が誤っている場合があるので注意が必要だ。自己分析を正確に行って適性を判断したつもりだと思っていても、主観が大きくなってしまっていて、客観性に欠けてしまっていることは多い。特に自分の欠点について評価するときに事実を認めたくなくて、そんなことはないと考えてしまったり、優れている点があるにもかかわらず、失敗の経験から長所を短所だと感じてしまったりすることはよくある。客観性の高い自己分析を行えるかどうかは、分析を行った結果に大きく影響するので注意しなければならない。

もしその点に不安を感じるなら、自分だけで行わずに人の力を借りるのも大切である。家族に評価してもらうのも良い方法だが、プロに相談して評価してもらえばより信頼できるだろう。また、ネット上にある【あなたの適材適所を見つけよう】といったサイトも併せて活用すると、より就活や転職がスムーズに進められるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です